« 配信キボンヌ | トップページ | 来たぜブラインドタッチバトン&昔バトン »

2006年9月 3日 (日曜日)

白山にも春が来そうでちゅだー

 首はまだ痛い。桁石です。
 ちょうど今頃って1年シリーズのアニメの中間時期なもんで、「プリキュアSS」でも早速新コスと新アイテムを登場させた挙句に果てに『キュアブライト』『キュアウィンディ』って名前まで変わってしまったやんか! お陰で全国のオコチャマとお母様方はパニックになったことでしょう。全部商品化されっからねぇ。
 そしてこの番組にも、そんな匂いが漂ってまいりますた。

 
 
 今週のマイメロ。まずは結果から。
 
 
 通称様大敗北!(´・ω・`)
 これって無印27話「柊サマになれたらイイナ!」でそれまで絶好調だったマイメロの“お願い”が通用せずに悪夢魔法に敗北した話と、31話「NO!と言えたらイイナ!」で弱点の耳を伸ばされて負けた時以来か。黒音符が出ることが負け、ではなくて、悪夢魔法をマイメロが解除出来なければ負け、なんだよな。しかもマイメロの嘆きっぷりがハンパじゃねぇ。無印ん時の落ち込み以上のモンがあるわな。底なしに泣く泣く。まるでクロミ様に対して絶対的優位であり続ける総攻スピリットに拘りまくってるかのようゾナ。まあ、きっと近い内に復活してクロミ様をイヂり、もといイヂメまくるんだがのう。
 
 では本編詳細。ダーちゃんリターンズ(つーかリターンしてた)。
 無印最終話で宇宙の彼方に吹っ飛ばされたダーちゃん。マイメロとマリーランドに対する憎悪を一層深くしてた。宇宙を彷徨った挙句にマリーランドの近くまで接近して、新たなる憑代を捜してると、赤ん坊のバコちゃんに目を付ける。赤ん坊なら御しやすいと判断したダーちゃんは、とうとうバコちゃんに憑依してしまった。つまり“バク一族の神童”はこうして造られたのだったのよ。今までも行動も、ぜーんぶダーちゃんの行動だったワケだ。しかし・・・何度見てもダーちゃんはバイキンにしか見えませぬ。何かが決定的に間違ったデザインのよーな気がする。
 深夜、柊家。夜泣きが止まないバコちゃんを心配気に見詰めるバク。クロミ様は喧しさにご立腹で起きてしもた。しかしバクはすぐにクロミ様にオシメを交換するように指示を出し、自分はミルクを作りに走る。ブツクサ言いながらも、義姉っぷり全開でバコちゃんのオシメ換えをするクロミ様モエス!(゚∀゚) イイ義姉になれますし、この感じから将来の子煩悩っぷりが窺えて思わずコチラも顔がほころびまつ。でもオシメは濡れてなくて、いきなりバコちゃんがシャー・・・何をやっても泣き止まないバコちゃんに困ったバクから文句を言われ、全身シッコ塗れでふたりに八つ当たり! そして柊王子、クールにブチ切れて登場! 鶴の一声でシーン。ここでダーちゃんは、王子とまた同居してることを初めて知ったんだな。そしてマイメロへの復讐作戦として、メロディータクトを奪う行動を起すと決意。
 翌朝、潤の部屋。バコちゃんは潤の鞄に潜み、学校に行く作戦に出る。ダーちゃんは潤のことを「あのマヌケが」と評してたが・・・登校した潤は、その日は日曜だったコトを思い出すのですた! ハンパねぇマヌケっぷりな潤に惚れそーでつ。一方夢野家では、通称様がまた掃除機に吸い込まれそうになってたよ。歌タンに救出されて助かったケド、吸い込まれたタクトを取ろうとして一緒に吸い込まれたらしい。こっちのマヌケっぷりも潤といい勝負だな。
 街中のゲーセンのキャッチャーに興じる少女、星賀ルナさん(歌タンのクラスメイト)。バコちゃん似のぬいぐるみをゲトーしたが、あまりのモドキっぷりに「やっぱりバコちゃんじゃない・・・」とガクーリ。以前折り紙対決で見て以来、彼女は熱烈(つーか狂気ピクトバリ3)なバコちゃんファンになってたんだな。翌朝、遅刻しそーになって走るルナさん。遅刻しそーになって走る歌タン+マイメロ。それを後ろから追い着いていつもの調子で声を掛ける小暮キュン、更に周りには大勢の走る生徒たち・・・何でこんなに遅刻組が多いんだこの中学校。潤がのんびりと歩いてたトコを追い抜く小暮キュンと歌タン。マイメロがバコちゃんを潤の鞄にハケーンして驚く。思わず戻る歌タン。ダーちゃんの計画早くも達成か?と思われた矢先、突進してきたルナさんが吶喊! 潤、歌タン、マイメロ、バコちゃん、ルナさんが気絶する前でオロオロする小暮キュンイカす! 慌てっぷりもカワイス。マイメロの周りにはいろんなモノが多量に散らばってるが、どーやら頭巾の中身らしいな。マイメロとクロミ様の頭巾って絶対に四次元ポケットだよね。散らばった中にタクトをハケーンしてハイハイで近寄るバコちゃん、そこに空かさずルナさんの“魔の手”が伸びた! バコちゃんを全力包容でギューッとするルナさん。マイメロはその間にグッズを格納して、小暮キュンと歌タンのナイスコンビネーションプレイで校舎へGO! 歌タン「チャイムが鳴っちゃいむー!」キター! 小暮キュンの「はぁ?」にワロタ! 小暮キュン、今のウチから駄洒落に慣れとけよ! 将来は間違いなく怒涛の駄洒落が君を待つからのう。
 クラスに入って、潤が机の上にバコちゃんを座らせてる。それを見掛けたクラスメイトの女子が押し寄せる押し寄せる! あ! 白山キサマ! お前もかこの浮気者め! マイメロ一途ぢゃなかったんか! つーかぬいぐるみなら大部分オケ!なんだろなぁコイツ。ルナさんも何とかバコちゃんを抱きたいと必死になってる。それを見てた潤の「俺たちも赤ん坊になろーか? バブー」って小暮キュンに・・・潤、おまい・・・(ノД`) ムカッ腹の余り壁をブン殴る真菜タンギガワロス。逃げてきたバコちゃんが頭に乗っかって、大慌てでお手玉までしてしまう真菜タン。何だかバコちゃんの台詞を都合よく解釈したマイメロにパスする。背に腹は代えられんか、真菜タン。マイメロの元に来たダーちゃん、目的を果たすべく頭巾に手を突っ込む。しかしマイメロ・・・「そこ痒かったの。掻いて」ハァ?(゚Д゚ ,,) マリーランドの住人の方々は、ぬいぐるみなのに血も出るし痒がるらしいですなぁ。で、バコちゃんがタクトを欲しがるのを聞いてバーベキューをイメージして「食べないでね」ハァァ?(゚Д゚ ,,) 通称様の逸脱した思考展開に、思わず開いた口が塞がらんよ。やっとタクトをゲトー出来たが、重みでひっくり返るバコちゃん。体格差を計算してなかったダーちゃんのマヌケっぷりもなかなかどーして。泣き出すバコちゃんに、とうとうルナさんの“魔の手”が! お世話を申し出るルナさんの執着ぶりに、コレを利用して黒音符を集めることを画策するダーちゃん。まずタクトを奪ったのはいいが、先ほどの体格差が災いして何も出来ず。タクトを捨てるようにルナさんに言うが、自分も一緒に放り投げられてしまった! 校庭に飛ばされて運動部のボール代わりに蹴られる打たれる投げられる! これはヒドス! 再び教室に飛んできて、真菜タンのリターンキャッチ(タクトのみ)成功。バコちゃんは廊下まで飛ばされて桃山先生のダイナマイトバディに受け止められる。隣で桃山先生の胸を覗き込んで、エロ顔全開で鼻の下伸ばしてる斑鳩先生情けねぇ。バコちゃんのオシメを手際よく換える桃山先生に、彼女を気に入ったダーちゃん「俺は宇宙の帝王、何でも好きな物を与えてやるぞ。ダハハハハ!」ってバコちゃんの顔でそんな台詞、説得力の欠片もございません。取り敢えず落ち着いて和む一同。潤「なーんか俺もシッコしたくなってきたー」・・・彼のスッ跳んだ台詞の数々に最早掛ける言葉もありません(ノД`)
 ダーちゃんは黒コンビ召還を決め、バコちゃんの身体で大声で泣き叫ぶ。そこへ! 音速で突っ込んできて桃山先生に蹴り入れるバク! 挙句にクロミ様も急停止の勢いで廊下のルナさんトコまでブッ飛ぶ! 泣き喚くバコちゃんを慰めて、一同を振り向きざま・・・
 
 バク「ワレらバコに何さらしたんじゃゾナァ!」
 
 
 バクが切れたーッ!(゚Д゚;)
 初めてだこんなにキレたバク! すんげー兄バカ絶好調! つーかこっちじゃ親代わりだかんな。バコちゃんが可愛くてしょーがないんだよ。余りのバクのキレっぷりにビビるクラス一同。バコちゃんの指摘でルナさんターゲット、そして悪夢魔法発動!
 
 
 クラスがUFOキャッチャー化でちゅだ! クラスメイト+先生ふたりはバコちゃんぬいぐるみ化でちゅだ!
 
 クラスメイトも全員口調が変わっちゃったでちゅだ! うあ! 俺も口調が変わっちまったでちゅだ! キャッチャー化したルナさんは、バコちゃんをゲトーすべくアームをバクに向けたでちゅだ。バクは必死に抵抗したケド吊り上げられて、いらんってブラックホールに投げられたでちゅだ。「さらば地球ー!」テラワロスでちゅだ! クロミ様はバコちゃんを抱えて涙ながらに逃げ回ったケド、とうとう捕まって機外に出されたでちゅだ。ダーちゃん「これでいいのダー!」ってアンタはやっぱバカボンパパでちゅだ? バコちゃんからの指示でマイメロをゲトーしようとするルナさん、次々とクラスメイトをブラックホールに投げ飛ばしてるでちゅだ。マイメロピーンチでちゅだ! そこで! 白山の『マイメロちゃんセンサー』発動でちゅだ! 流石ニュータイプ白山、ミュータントパワー絶好調でちゅだ! X-MENから声が掛かる日も近いでちゅだ! 上手くマイメロを奪還した白山、歌タンに思わずパスして自分はブラックホールにー! 素晴らしい自己犠牲っぷりに涙が止まらんでちゅだ! 歌タンとマイメロは機外に出され、魔法が解けたでちゅだ。
 シャッフルかまそうとしたケド、タクトはまだキャッチャーの中でちゅだ。そこを狙って襲い来るルナさんのアーム、ここで小暮キュンが真菜タンとナイスコンビネーションでタクトを手にしたでちゅだ。しかし! 容赦なくアームで小暮キュンを締め上げるルナさんでちゅだ! 思わず小暮キュンの名を叫ぶ歌タンモエスでちゅだ! そしてこの状況でもタクトの心配しかしない通称様オソロシスでちゅだ! そこに真菜タンの気合い一閃のサポート→タクトを歌タンに投げてよこす小暮キュン→歌タンからマイメロにタクト・・・見事な連携でちゅだ! シャッフル発動で・・・ああ、またドリアン大臣の放置プレイでちゅだ・・・もうこれは最終回まで引っ張るのはキマリでちゅだ。代わりに呼ばれたのはブタの大工さん4人組で、近い図柄がないけど棒を持ってるからWANDS系の小アルカナがモチーフになってるみたいでちゅだ。4人の見事な仕事っぷりで煉瓦を積み上げられ、閉じ込められるルナさんでちゅだ。
 これで終わりか?と思われた途端、クロミ様の持ってたカード『Ⅶ 戦車 THE CHARIOT』でバコちゃんがクロミーズ5を召還したでちゅだー! 何かもう何でも出来ちゃうバコちゃんでちゅだー! 煉瓦の壁をブチ破って脱出、大工さん4人とマイメロをボコって大・勝・利でちゅだー! ここにダーちゃんの野望は一歩前進、黒コンビ+クロミーズ5+バコちゃん(中身はダーちゃん)の最強軍団の成立でちゅだー!
 
 で、悪夢魔法解除。俺も魔法が解けたようでつ。
 バコちゃんと仲良くなれたと、すんげー嬉しそうなルナさん。黒音符も放出したんだケド、バコちゃんは家へ帰ると言い出す。黒コンビと立ち去ろうとして引き止めるルナさんに、バコちゃん(ダーちゃん)「もう・・・それは終わりでちゅだ・・・」って残酷ゥ! うわぁ・・・奈落に突き落されたルナさんに、誰かの手が肩に乗せられる。
 
 白山「僕も・・・気持ちは解るんだな・・・」
 ルナさん「え?・・・(嬉しそうに笑う)」

 
 
 
 あの白山十三にまでラヴフラグキター!(゚∀゚)
 マ・ジ・で・つ・か! あの白山に! あの白山に! あの白山にまで人間の彼女が出来るかも知れんぞ! このシーン、実はヤヴァイと思いつつモエー魂に火が点きますた。あの白山にまでマトモそうな恋愛の雰囲気が来ようとは・・・全力でカッ飛ばすなぁココのスタッフ。
 で、ラストシーンは↑冒頭に書いた通り、大敗北で号泣するマイメロと抱っこして目を伏せる歌タン、そしてそれを見詰めて憂いの表情を見せる小暮キュンという珍しくダークエンドで終了。でもこんなシリアス場面に―――「はぁスッキリしたぁ」ってトイレから潤が戻ってきてって今までトイレに籠ってたんかいおまい! ツッコむタイミングすら失ってしまいますた。
 次週、大敗北を引き摺ってやること成すこと失敗だらけのマイメロ。果たして復帰なるのか? またクロミノートに新しい項目を書き込ませることが出来るのか? ガンガレ通称様!
 
 
 そろそろシリーズ中間地点。各番組でもお馴染みの“パワーアップ”がそろそろ来そうですな。で、何がグレードアップするかってーと・・・
 http://www.agatsuma.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=4971404300798
 ↑コレ、既に今の原型とは程遠すぎるゾナね(;´Д`)

|

« 配信キボンヌ | トップページ | 来たぜブラインドタッチバトン&昔バトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白山にも春が来そうでちゅだー:

» こんなになっちゃって‥「お願いマイメロディ」 [Anime in my life 1号店]
少し大きい文字 近所のスーパーにも漸くクロミちゃんが浸透してきました。 なんつってもマイメロをクロミちゃんのアイテムの方が圧倒しているのが痛快です。こういう商品展開は市場調査しているのが当然ですから、お子... [続きを読む]

受信: 2006年9月 3日 (日曜日) 19時58分

» おねがいマィメロディ くるくるシャッフル! 第23話 [鷹2号の観察日記]
 なんだ、このミザリーみたいなキャラは!(笑)  いままでの悪夢魔法に掛かった奴 [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月曜日) 21時59分

« 配信キボンヌ | トップページ | 来たぜブラインドタッチバトン&昔バトン »